なぜ女性が護身術を習う必要があるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、男性が男性に襲われるのであれば突然襲われることによって不利にはなりますが、体力のある人ならば一生懸命抵抗することでその場の危険から抜け出せる可能性はありますし、同じ体格同士でしたら、格闘技とかの心得がなくても安全を確保できる可能性もあります。しかし、一般的な男女を比較すると、女性の方が体格や体力面で男性よりも不利な立場にあります。相手との体格や体力の差が著しい場合は、弱者のほうが何らかのトレーニングを相当積んでいないと抵抗すらできません。そのために積んでおくトレーニングが護身術というわけです。

女性が学ぶ護身術の特徴

体格や体力面で勝っている相手に対して身を護るのですから、使用する護身術としてはいくつかの押さえるべきポイントがあります。1つ目として相手より体格や体力で劣っているわけですから、それらに依存しない技術体系であることが重要です。2つ目として複雑な動作を必要とするものだと習得するまでに時間がかかりますし、動きが繊細なものでは悪条件のもとでは使用できませんので技がシンプルなものであることが望ましいです。3つ目として襲撃はいつでも不測の事態に起こるもので、気がついたらトラブルに巻き込まれていたという場合が多くあります。不利な条件を想定したトレーニングを行っていると、パニックになった状態でも正しい動作を行うことができます。女性の方が実際に習得して危険から逃れられた事績があれば信用に値します。そういった事例のあるものがいろいろと存在しますので、聞いたことのない護身術でも触れて見る価値はあります。

護身術を習うことによって得られる副次効果

自分の身を守れることが護身術の一番の効果ですが、それ以外にもさまざまな嬉しい副次効果があります。まずどんな時にも動けるようにトレーニングを行うのですから、そのための身体づくりもトレーニングの中に含まれます。そのため総合的な筋力がアップして、健康的な体を作ることができます。ただダイエットを行うためにトレーニングするのではすぐに辛くなって諦めてしまう方が多いですが、自分の身を守るという目標があるので長続きするというわけです。
そしてトレーニングによって筋肉量が増加し、心肺機能も強化されますので自然と代謝の良い身体となり、リバウンドの起こりにくい体質になります。さらにトレーニングによって大量に汗をかくことがデトックス効果となるので、高価なエステサロンに通うことなく美容効果を得ることができます。

ピックアップ記事

エレベーターの中で護身術を使用する場合

普段無意識に使用し、上下階への移動手段としては日常生活を行う上では非常に便利なエレベーターですが、視点を変えてみると非常に狭く目的地につくまではドアが開かない密室であるという点が着目されます。もしそん...

なぜ女性が護身術を習う必要があるか

もし、男性が男性に襲われるのであれば突然襲われることによって不利にはなりますが、体力のある人ならば一生懸命抵抗することでその場の危険から抜け出せる可能性はありますし、同じ体格同士でしたら、格闘技とかの...

格闘技と護身術の違い

護身術と格闘技は同じものではないのかという疑問を持つ方は多くいらっしゃいます。どちらも同じようにトレーニングをしてミットやサンドバッグを打ったりしていますし、技術的に共通している点は多く、格闘技を護身...