護身術のハードなトレーニングは身体面だけでなくメンタルの面も鍛え上げます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

護身術のハードなトレーニングを続けていくうちに、メンタル面でも変化が訪れてきます。実際とあるジムの会員にアンケートを取ったところ、1,000人のうち259名から回答をもらい、その中の約半分のレッスン生はメンタル面での変化があったと答えています。世代で言えば責任のある仕事を任され始める30代から40代、ジムに通った経歴で言えばしっかりとトレーニングを積んだ1年以上通ってらっしゃる方のメンタル面に変化がありました。そのジムでは最初の1ヶ月は必ず週1回は受講し、そこから徐々に練習量を多くしていき、4ヶ月くらい立った頃にテストを受けて、緊張感の中で戦う事によってメンタル面でも強化していきます。

冷静で諦めない心に

護身術とは、突然身を守らなければならない状況に陥った時に、パニックにならずに対処を行うためのトレーニングです。ほとんどの方はそういった状況に放り込まれるとパニックに陥りますので、どんな状況でも冷静に対処できるように逆境の状態での訓練を行い、それがメンタルの強化に繋がります。また、トレーニング開始から時間がたつにつれ、だんだん疲労して休みたいという心が湧いてきますが、トレーナーは常に全力を出すことを求めます。なぜならどんな状態でもアグレッシブな行動を行うことが自分の身を守ることだからです。そうやってどんなつらい状態でも全力を出し続けることによってメンタル面が鍛え上げられ、諦めない強い心を持つようになります。

集中力や自信が付きます

護身術では肉体的にハードなトレーニングを行います。その途中でふと心が別の所に離れてしまうと身体が苦しみや痛みを思い出して動かなくなってしまいます。そういう時に一番なのがトレーニングに集中して他のことを忘れてしまうことです。そうすれば苦しみや痛みも忘れて良いパフォーマンスを出すことができますし、その集中力を他のことに応用すればトレーニングの外の場面でも集中して物事に当たることができます。また、トレーニングを行い続ければ自然と身体が引き締まり、以前より動けるようになるなど目に見える面で変化が起きます。この肉体的変化が喜びになることはもちろん、やればやるだけ結果が出るという自信にもつながってきます。こういった自信はトレーニング以外にも効果が及びますので日常生活の中でも自信を持って行動できるようになります。

ピックアップ記事

エレベーターの中で護身術を使用する場合

普段無意識に使用し、上下階への移動手段としては日常生活を行う上では非常に便利なエレベーターですが、視点を変えてみると非常に狭く目的地につくまではドアが開かない密室であるという点が着目されます。もしそん...

なぜ女性が護身術を習う必要があるか

もし、男性が男性に襲われるのであれば突然襲われることによって不利にはなりますが、体力のある人ならば一生懸命抵抗することでその場の危険から抜け出せる可能性はありますし、同じ体格同士でしたら、格闘技とかの...

格闘技と護身術の違い

護身術と格闘技は同じものではないのかという疑問を持つ方は多くいらっしゃいます。どちらも同じようにトレーニングをしてミットやサンドバッグを打ったりしていますし、技術的に共通している点は多く、格闘技を護身...